重いと感じさせないこと

遠距離恋愛は相手との物理的な距離がネックのひとつです。恋愛中の恋人同士の遠距離恋愛でも、お互いが会う時には中間地点で会う、行き来の回数を平等にするなど上手に恋愛を続ける条件を二人で話し合って負担を分け合おうと決めているカップルが多いものです。では結婚相談所で出会った人の場合はどうでしょうか?まだ交際がスタートしていない、気になる相手くらいの状態では遠距離恋愛のように相手と負担を分け合うことは難しいでしょう。

例えば相手が都心でこちらは地方、こちらがその人と交際に進めたいと思っている場合積極的に都心へ出向いて会う機会を増やそうとします。しかし、まだ恋愛が始まっていない状態で「あなたに会いたいから行く」と言われてもそれは重く感じる人が多いものです。

そのため恋愛に発展したり結婚の話が進んだりするまでは、相手に重さを感じさせない配慮をしましょう。例えば仕事のついでで都心へ行くので会えそう、婚活イベントへ出席するのでそのついでになどという別の目的があるということにして会うきっかけ作りをすることがポイントです。この人こそ、と思う相手が見つかった時こそ重くなりすぎないようにお付き合いを進めていきましょう。